法定相続情報証明制度とは

法定相続情報証明制度とは、相続人もしくは資格者代理人が法務局に必要書類を提出し、

登記官が内容を確認したうえで、法定相続人が誰であるのかを登記官が証明する制度です。
各種相続手続において、「戸籍の束」の代わりに、
この制度を利用することで発行される「法定相続情報一覧図」を使用することができます。
例えば、相続登記・被相続人名義の預金の払い戻し・相続税申告などで、「戸籍の束」を抱えてそれぞれ順番に行っていた手続が、法定相続情報一覧図を利用することで同時に行うことができます。

相続人もしくは資格者代理人が法務局に必要書類を提出

・被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍関係の書類
・上記に基づく法定相続情報一覧図

登記官が内容を確認し、認証文付きの法定相続情報一覧図の写しを交付